大坪義明
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大坪義明のYahooニュースに物申す

大坪義明がYahooニュースに物申します。幅広いニュースをキャッチ。

大坪義明の「西島秀俊モテ男健在、聖地凱旋1500人フィーバー」に物申す!

大坪義明です!

今日はこのニュースに物申します!

headlines.yahoo.co.jp

 

西島秀俊(44)が15日、主演映画「劇場版 MOZU」(羽住英一郎監督、11月7日公開)の撮影を行った北九州市に凱旋(がいせん)しフィーバーを巻き起こした。平日ながら女性を中心に約1500人が殺到し“モテ男”健在をあらためて証明。北橋健治市長は同市が「MOZU市」になると宣言し、西島も新たな“故郷”の誕生を喜んだ。

【写真】西島秀俊、16歳年下妻との新婚生活充実ほのめかす

 レッドカーペットに降りた西島を「お帰り!!」という黄色い声援が包んだ。北九州市では13年10月から1カ月、TBS系とWOWOWで放送されたドラマ版の撮影を市内30カ所で行い、レッドカーペットが敷かれた百貨店「小倉井筒屋」前では全ての始まりとなった1話の爆弾テロ事件の場面を撮影。今年5月には映画の重要場面も撮影した。“聖地”に集まったファンにはエキストラでがれきの中に横たわった女性もいた。

 西島はファンの元に駆け寄ってサインや握手をし、もみくちゃにされると笑みがこぼれた。「映像の仕事をしていると、交流する機会がない。気持ちを直接伝えたかった。感動した」。北九州空港でエキストラ500人が本気で演技した姿を見た感動を胸に「北九州の皆さんと一緒に作った…そういう経験はない。新作を監督に作っていただきたい」とリクエストした。

 集まった1500人の多くが女性で、10代から高齢者までが西島にくぎ付けだった。若い妊婦は「井筒屋の中にいるんですか?」と警備員に質問。井筒屋の8階の窓から見下ろした女性は「全部好き」とゾッコンだった。昨年11月に結婚を発表した際は、嘆き悲しむ声がネット上にあふれたが、人気に陰りはない。ロケに参加した40代の女性は「西島さんは俳優さん。役として別な人格を生きているのがすてき」と、妥協のない役者としての姿勢が共感を呼ぶと分析した。

 舞台あいさつでは、客席で赤ちゃんが泣き出すと「大丈夫かな?」と優しく語りかけ“父の顔”ものぞかせた。亡き妻と娘の真相を追う自身の役・倉木について聞かれると「彼は真実を追うためだけに生きている。僕はそこまでなりたいとは思わない」と人生観を語った。そして「人生の節目になる。超える作品作りが次のテーマ」と話した。

 西島は、北橋市長が「MOZU市」を宣言し、全面バックアップを約束したことを受け「MOZU市民として認められた。ただいまという感じで北九州に来たい」と、相思相愛を強調した。【村上幸将】

 

MOZUは確かにおもしろかったですね。

ファースト・シーズンしか見ていませんが・・・。

出演されてる方全員がはまり役だったと思います。

大坪義明的には真木よう子さんが綺麗で

その点もオススメです。笑