大坪義明
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大坪義明のYahooニュースに物申す

大坪義明がYahooニュースに物申します。幅広いニュースをキャッチ。

話題集めた元木大介氏のラーメン店 ひっそりと閉店していた

大坪義明です。

今日はこのニュースに物申します。

headlines.yahoo.co.jp

 4月放送の「めちゃ2イケてるッ! 春の3時間超SP!」(フジテレビ系)に出演し、テスト企画で“バカ世界新”の称号を受けた元プロ野球選手の元木大介氏(43)。そんな元木氏がオーナーをつとめ、メディアなどで話題になったのがラーメン店「元福」だ。

【写真】“番長”清原のキャバクラ豪遊ショット

 2010年9月に仲御徒町、2012年9月には広尾にオープンしたものの、両店舗ともに閉店。2013年6月から足立に本店を構えた。

 ところが、同年10月に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系)では、ラーメンの専門家たちから「1年以内に90%潰れる」と酷評され、元木氏は「ダメなら閉めます!」と覚悟を語っていた。

 その後、元木氏のラーメン店はどうなったのか。繁盛しているのか――。

 東武スカイツリーライン五反野駅」から歩いて4分。コンビニやファミレスが並ぶ一角に構えた元木氏の店を訪ねてみると、そこにあるはずの場所にラーメン店の影も形もない。途方に暮れて近隣住民に話を聞いたところ、昨年暮れにひっそりと店をたたんでいたことが分かった。

 店舗があった場所はもともと、ラーメン店が入れ替わり立ち代わり入るテナントで、元木氏の「元福」は最後のラーメン店として住民に記憶されている。客もそれなりには入っていたようだが、「あの場所で美味しいラーメン屋に当たったことがないねえ」という厳しい声も。

 確かに、かつてSNSや掲示板では、<魚介豚骨のスープで美味しいよ><チャーシューも柔らかく煮込んであり、これもまた旨い>と評価される一方、<(味が)全体的にぼやけた印象><なぜか後味が甘い><スタッフさんの元気のない>といった否定的な声も見られたが……。

 店の電話番号にかけてみると、「現在使われておりません」の自動音声がむなしく流れるばかり。“有名人プロデュース”の飲食店も悲喜こもごもだ。

 

ひっそりと閉店とはびっくりですね。

有名人がオーナーでもTVで紹介されても

やっぱり飲食店は味が勝負ということなんでしょうか。

 

大坪義明より