大坪義明
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大坪義明のYahooニュースに物申す

大坪義明がYahooニュースに物申します。幅広いニュースをキャッチ。

安達祐実、子役時代の涙はウソ泣き「家なき子1は、ほぼ目薬」

大坪義明です。

今日はこのニュースに物申します。


安達祐実、子役時代の涙はウソ泣き「家なき子1は、ほぼ目薬」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

女優の安達祐実(33)が10日放送のテレビ朝日「中居のミになる図書館」(火曜後11・15)に出演、出世作ともいえる「家なき子」(日本テレビ)について衝撃の裏話を明かした。

【写真】94年、「家なき子」映画化発表会見に愛犬リュウとともに臨む安達祐実

 人気子役の本田望結(10)に「子役にまつわる“知らなきゃ良かった”」を伝える役として登場。「実は『家なき子』で泣く演技は、目薬を使っていました」と暴露。MCのSMAP中居正広(42)の「いつも目薬をつかっていたんですか?」の質問に「家なき子1は、ほぼ目薬でしたね」と回答し、本田ら出演者を驚かせた。

 当時は監督から何度もダメ出しされたといい、「本当に苦手だったんです。泣く演技が」と振り返った安達。愛犬リュウとの絆についても「実は体のいたるところに魚の干物をつけていたんです」と暴露。主人公の相沢すずのトレードマークだった「がま口」やオーバーオールの裾の“折り返し”などに干物を隠していたことを明かした。

 「家なき子」は1994、95年に放送され、最高視聴率31・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。「同情するなら金をくれ!」というセリフは新語・流行語大賞にも選ばれた。

 

リュウのことを思い出しました。

どんなにヤラセがあったとしても、

家なき子は神ドラマ!

 

大坪義明より。